ニュース

千代田美术丨老师描了多少张画才合格名校?

 2020.06.06

今天就由我们千代田美术指导学院的学部负责老师甲斐老师来给我们讲讲关于考前作画的这些事吧~

这一次,我想和同学们聊一聊我们这些做老师的人,在考上大学之前,都画了多少张画。

正直目指していた科によって一つの課題にかける時間やそもそも絵をあまり描かない科もありますので量はバラバラでしょう。筆者は日本画科でしたのでやることはほとんど絵を描くことだけでしたので一枚の絵に向き合う時間は長く、大体が一枚に12時間。長い時は一枚に60時間も描かせてもらった時もありました。

先来说说作画时长。

有些专业做课题时也不一定要画画,所以一个课题所花费时间和作画时间会因你的目标专业不同而不同。我是日本画专业的,所以在画一张作品时需要花费很长时间,通常一幅要画12个小时。最长时间我也曾一个作品画了60个小时。

甲斐老师的一小部分考前作品

 

甲斐老师的一小堆考前作品

 

关于数量

でまあ実際どれくらいかいた描いたかと言うと視覚的な量はこれくらいです、重なった紙をしっかり丸めて大きい段ボール一箱に辛うじて収まる量。といってもこれで全部ではなく、これ以外に予備校に参考作品として貰われた分、そもそも見つからなかった分、実家に置きっぱなしの分、クロッキーの分などが含まれます。
那么实际到底画了多少呢?从视觉上看,大概就是照片上这么多,把这些纸都重叠紧紧地卷在一起勉强能装进一个大纸箱里的量。但其实这只是一小部分。除了看到的这些以外,还有一些考前班给的参考作品、当初丢失了再也没有找到的作品、留在父母家里的作品、速写(对,这里还不包括速写)的部分等。

今ここにある分ですら枚数を数える気にはならないので重さから大体の枚数を出すことにしました。
那么到底有多少张呢?我也数不清到底有多少,所以我决定从重量上给个大概的数字。

私の体重64.1キロ

 

紙を持った時の私の
体重79.3キロ

※足は汚かったのでモザイクかけました。

ちなみにこの体組成計がこの時出した私の体脂肪率は大変理想的でした。

※请不要在意我的脚有点脏所以打了马赛克(ó㉨ò)
另:刚好这个时候身体成分测定仪在这个时候也显示出来了
(那个年代我的体脂率还是非常理想的(*゚▽゚*) )

一枚の紙の重さ36グラム
一张纸的重量是36克。

 

79.3㎏-64.1㎏
(紙込みの私の体重)-(紙を持ってない私の体重)
=15.2㎏
(紙全部の重さ段ボール込み)

グラムに直して15200g
15200g÷36g=422.2222222222222....
79.3公斤 - 64.1公斤
(我的体重含纸的重量) -(我的体重)
= 15.2公斤
(所有纸的重量,包括硬纸板)

改写成克,15200克。
15200g÷36g=422.22222222222...

422枚
紙のサイズもわりとバラバラですが大体422枚程度のようです。
(あくまで手元にある分だけです)
纸张的大小也不一样,但大概是422张左右。
(不过刚才说了,这些只是我目前手头有的东西)

自分は多摩美術大学卒なので、つまり422枚くらい描けば多摩美には受かる、ということはかなり乱暴な計算ですが絵一枚につき合格率が0.02%上がることになります。
我是大学就读于多摩美术大学,如果我画了422张左右的画,就能被多摩艺术大学录取的话...让我们做一个奇怪的计算(过程省略):结果是,我每画一张画,就会增加0.02%的录取率。

といいつつもですが我武者羅に数をこなすのは大前提ですが何を考えて紙と向き合うか、紙の前に立っていない時、布団の中や外を歩く時などの疲れていない頭で絵について何を考えているかも同等かそれ以上に上達には重要です。ゲームで言えば描くことはレベル上げ、考えることはステータスを割り振る作業に近いと僕は思います。

当然,虽然说画的数量是一个很重要的环节,但是在创作过程中的一些其他时间,比如说趴在桌子上思考作品的大小,躺在被窝里思考作品内容,走在路上思考作品颜色等等——在这些在大脑比较轻松的状态下,对自己的作品的思考与想法对大家的进步也是同样的重要的。有时,甚至可以说更重要。

其实拿游戏打个比方。在我看来,在游戏中,画画本身是就像提升等级的过程,而思考就像是玩家们在享受当前游戏主角的装备与属性一样。
既然是和游戏一样开心,那我们为何不马上拿起画笔,去在素描的世界里开始打怪,升级呢?

<<前のニュース   次のニュース>>